承認欲求とは – 承認を求めて、他人から認められたい気持ち

何かと最近は、あの人は承認欲求が強いとか承認欲求があんまりないとかよく耳にします。

そもそも承認欲求ってなんだ?承認欲求が強いとどうなるのか?

承認欲求の程度は人それぞれだと思いますが、それによって人間がどうなるのか少し疑問に思ったので、承認欲求についてまとめていきたいと思います。

そもそも承認欲求とはなんだろう?

承認欲求とは、承認されることを求めることです。

つまりは他の人間から自分を認めてもらいたいと思う感情のことです。親に認めてもらいたい、上司に認めてもらいたい、顧問に認めてもらいたい、必ずと言っていいほど人間はこういった心理を一度は経験すると思います。

心理学の「マズローの欲求5段階説」でも4番目に位置付けられている人間の欲求になります。(生理的欲求、安全欲求、親和欲求、承認欲求、自己実現の欲求)

別記事でもマズローの欲求5段階説は取り上げてますので興味のある方は是非!

マズローの欲求五段階説で雑談力を上げる

そんな承認欲求ですが、承認欲求にはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

承認欲求のメリット、デメリット

承認欲求の度合いによっては誰かに認めてもらわないと生きていけなくなったり、モチベーションが上がらなくなったりします。

承認欲求があることのメリット

承認欲求はやる気を起こさせる一つの方法になります。誰かに認められたいという想いが、その人のモチベーションになり、生きるためのやりがいになることもあります。ですので、承認欲求がなくなるとモチベーションが下がることもあります。

承認欲求によるデメリット

誰かに認められたいと考えることによりやる気を起こさせているため、人がいないことには承認欲求が解消されることはありません。そして、承認欲求が強くそれだけになってしまうと他人に依存した生き方になっていまう可能性があります。

承認欲求はメリット、デメリットがあり強すぎても依存した生き方になってしまうし、少なすぎても時にはモチベーションが上がらなくなることもあるようですね。

承認欲求の3つの種類

承認欲求は大きく分けて下記3つのタイプに分類されます。

上位承認

自分が他人より優位な関係の場合に認められたいと思う欲求。自分が他人より優れているのは当然だと感じ、ナルシストは人に多い。

対等承認

他人と自分の関係が平等であると望む欲求。同じように認められたいと感じている。

下位承認

自分が他人から蔑まれたいと思う欲求。他人に依存したい、保護してもらいたいと思っている人が抱きやすい。

このように承認欲求は大きく3つに分けられます。

しかし、日常生活では様々な状況やシチュエーションがあるため単純に上記のような3つの部類に分けて判断できるというわけではないようです。

承認欲求が強い人の特徴

次に、承認欲求が強い人には特徴があるとされていますので

どんな特徴があるのか、ご紹介していきます。

寂しがりや

承認欲求が強い人は孤独が苦手です。なぜなら、自分を認めてくれるような集団にいない限り欲求が満たされないからです。1人でいると不安になり、自分を認めてくれる存在を自ら探しに行きます。

人の目が気になる

他人に自分を認めてもらいたいがために他人の目をとても気にします。他人が今何を思って自分のことをどう見ているのかどうしても気になってしますのです。

目立ちたがり屋

目立つ=人から認知してもらう。すなわち認知されることで人から認められたいという欲求を満たしています。目立つ行動をすることによって自分の存在をアピールすることができるので、より多くの承認欲求が満たされます。

自分の話をよくする

承認欲求が強い人は主張が強く誰かの話に割り込む人が多いです。これは自分の都合を相手に押し付け、自分が認められるよう心理的に行動しています。悪く言えば、自分が認められていないと相手に伝えているようなものです。

自信がなく、相手のせいにする

何事にも自信がなく、自分を守るために相手のせいにしやすいです。自分のせいで自分の評価が落ち認められないのが不安なのです。

頑張り屋でも充実しない

最初は上司や先生などに認められたいという想いが強いので、とても頑張ります。しかし、そればかりに目がいって相手にされなくなると萎えてしまい、充実感を得られなくなっていきます。

承認欲求まとめ

承認欲求にはメリットデメリットがあり、作用の仕方によってはいい方向に向かったり悪い方向に向かったりします。

承認欲求がどういう心理的要素なのかしっかり頭に入れて、自分の承認欲求が強いのか、弱いのか理解することでより生活の質が向上するでしょう。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください