スティンザー効果とは – 座る位置で相手の印象が変わる

みなさんは普段合コンや会議で自由に席を座るときその位置を気にして座っていますか?

おそらく大多数の人は全く気にせずに座っていることと思います。

上司や先輩、同僚の位置だけ少し考えて他のことは気にしないでしょう。

今回は合コンや会議の座る位置でどの人とどう話すのか考えて座る方法をお話ししていきたいと思います。

スティンザー効果とは

スティンザー効果とは、アメリカの心理学者スティンザーがまとめた心理効果で、別名スティンザーの3原則とも言います。

そしてスティンザー効果は、会議や話し合いの場で起こるいくつかの流れに見られる下記のような3つの現象のことを指します。

  1. 敵対者は正面に座る傾向がある
  2. 議長の権限やリーダーシップが強い場合は隣同士で私語が起こり、議長の権限やリーダーシップが弱い時は正面の人と私語をする傾向にある
  3. 会議中にある意見が出た直後はその意見と反対の意見が出やすい傾向にある

このような3つの現象をスティンザー効果もしくはスティンザーの3原則と言い、スティンザーの実験により判明しました。

スティンザー効果のそれぞれの意味

敵対者は正面に座る傾向がある

会議で自由に座る時にあなたの正面に座った人はあなたに敵対心を抱いている可能性が高いです。特に以前口論になったり、喧嘩をした人なんかは正面に座りやすいです。

また、逆のことも言えます。

相手の正面に座るとお互いに敵対心が生まれやすく警戒されやすいのです。

ですので、気になる人や手ごわい人の正面にはなるべく座らないことがおススメです。

よく営業では商談の際に正面に座ることが多いと思いますが、その際にもできるだけ真正面を向くのではなく、少し姿勢を斜めにするといい印象を持たれやすいです。

リーダーシップの強い弱いで正面か隣で私語がでる

これは単純にまとめ役(議長)のリーダーシップの強さが分かります。

隣同士の人で私語が増えればその人のリーダーシップが強い証拠であり、正面同士での私語が増えればその人のリーダーシップが弱い証拠になります。

意見の直後は反対の意見がでやすい

何か意見を出した直後はほとんどの確率で反対の意見がでます。

ですので、もし自分の意見を会議でどうしても通したい場合は周りに根回しをしておく必要があります。

同じ意見をすぐに言ってもらい同調してもらうことで最初に言った意見でもある程度は通りやすくなります。

合コンの席には気を付けて

合コンの席は男性陣は特に気にしなければいけないかもしれません。

もし仮に自分の目当ての女の子がいたらたくさん話すために正面に座ってしまいがちです。

ですが、スティンザー効果を当てはめると正面に座ることはあまり良くないのです。もし、合コンで目当ての子がいたとしたら必ず正面に座らず、隣もしくは斜め前に座りましょう。

席のセッティングの段階で男女が交互に座れるのであれば必ず隣に、もし正面で3対3とかで座るのであれば、斜め前に座るのがベターでしょう。

スティンザーの効果まとめ

スティンザーの効果を知り、解決策を取っておけば今後の人生はかなり有利に進めることができますね。

合コンの席も知っているのといないのではかなり差がでてくると思います。

自分が仲良くしたい人がいる、落としたい異性がいる、そんな方は是非スティンザーの効果を頭に入れて今日から活用していきましょう。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください