臨床心理士資格の取得方法について

心理学を勉強する上で必ず耳にする資格と言えば臨床心理士ではないでしょうか。

心理学の資格は本当に様々な資格がありますが、臨床心理士の資格はその中でおそらく最も取得難易度が高く、信頼性のある資格になると思います。

臨床心理や心理カウンセラーをする上で必ずしも資格が必要ではありませんが、もし心理学の仕事やその道に進みたいのであれば一度取得を目指してみてはいかがでしょうか?

今回は心理学の資格の中でも最も難易度が高い臨床心理士の資格の取得方法についてお話ししていきます。

そもそも臨床心理士とは

冒頭でもお話ししたように心理学の資格の中で最も取得難易度が高く、信頼を持てる資格になります。

資格を認定しているのは、内閣府が認可している「公益財団法人日本臨床心理資格認定協会」です。

臨床心理士の資格を取得することにより、臨床心理学の知識や技術を用いて教育や医療、保健、福祉、産業、司法など多岐に渡り業務を行い活躍できるようになります。

医師のように薬を処方して病気を治す、精神的な病から助けることはできませんが、臨床心理士は人の考えや価値観を尊重し、相手に寄り添い、話を聞くことで相手の自己実現を手伝うことができる仕事です。

公益財団法人日本臨床心理資格認定協会のホームページのリンクも載せておきます。

公益財団法人日本臨床心理資格認定協会

臨床心理士資格取得の流れ

取得するにはまず公益財団法人日本臨床心理資格認定協会の受験資格を得る必要があります。

その後に筆記試験と面接試験を行い、合格したら資格認定証書の交付手続きと登録をし、臨床心理士の資格を得ることができます。

簡単な流れは下記のステップです。

  1. 臨床心理士の受験資格を得る
  2. 実際に試験を受け、合格通知をもらう
  3. 資格認定証書の交付と登録を行う

これが簡単な流れです。

具体的な受験資格や試験についてはこれから説明していきます。

臨床心理士の受験資格

  1. 協会が認可する第1種指定大学院を終了し、所定条件を充足している者
  2. 協会が認可する第2種指定大学院を終了し、修了後1年以上の心理臨床経験を含む受験資格取得のための所定条件を充足している者
  3. 臨床心理学または心理臨床に関する分野を専攻する専門職大学院を修了した者
  4. 諸国外で上記と同等以上の教育歴および日本国内における2年以上の心理臨床経験を有する者
  5. 医師免許取得者で、取得後2年以上の心理臨床経験を有する者

公益財団法人日本臨床心理資格認定協会より

臨床心理士の受験資格として最低でも指定の大学院を修了する必要があります。大学院なので大学を卒業すればいいだけでなくその上の修士課程まで学び研究する必要があります。

これが1番難しいと言われる理由です。

さらに、ただ大学院にいけばいいというわけではなく、指定の大学院にいくためにも心理学の単位や卒業論文など要件を満たさなければ受験できない大学院も数多くあります。

臨床心理士の試験

先ほどお話ししたようにまず大学院を卒業し、受験資格を手にしたら試験を臨床心理士の試験を受けることができます。

試験は臨床心理士の資格審査と呼ばれており、毎月10月に筆記試験(1次試験)、11月に面接(2次試験)、12月中旬頃に審査結果の発表となります。

1次試験には「多岐選択方式試験」と「論文記述試験」があります。

「多岐選択方式試験」はマークシートで100題、時間は2時間30分です。

「論文記述試験」は1001字以上1200字以内の論文を1時間30分以内に解答、になります。

1次試験の「多岐選択方式試験」で一定水準以上の点数をとれた人のみが2次試験の面接に進めます。

ですので、「論文記述試験」ですごく評価が高くても「多岐選択方式試験」で点数が取れなければ

先へは進めません。

2次試験では2人の面接官により面接が行われ、臨床心理士としての基本的な姿勢や態度、人間関係能力が問われますので、実際の現場を意識して臨むようにしましょう。

また、臨床心理士試験の合格率は全体で大体6割程度と言われています。

合格したら資格の交付と手続きを

資格審査に合格しただけでは「臨床心理士」とは認められませんので、必ず資格認定所の交付手続きをしましょう。合格通知を受け取り交付手続きを期日までに完了した人に対して顔写真付きの資格登録証明者が発行されます。

また、登録完了後も自動車免許の更新のように5年に一度更新手続きが必要になりますのでしっかり行いましょう。

臨床心理士まとめ

いかがでしたでしょうか?

正直1から勉強して臨床心理士の資格を取ろうと思うとなかなか難しそうですよね。

難しい分カウンセラーとして働くには有用であるのは間違いないと思います。

しかし、カウンセラーとして働くために必ずしも資格は必要ではないので、とらなくても構わないです。

それよりも大事なこともたくさんあります。

ですので、資格取得にこだわらず実践を積んで実績を作り自らカウンセリングの能力を付けていくのも1つの手ですよね。

自分にあったやり方で考えていきましょう。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください