好きな色で相手の性格が分かる心理学

あなたの好きな色はなんですか?

好きな色には人それぞれ傾向があります。

色も非言語コミュニケーションの1つで、服装や持ち物を選ぶときどんなに機能面やデザインがよくても色気に入らなければ、選ぶのを躊躇しますよね。

そこに無意識のうちに選ぶ人のメッセージや願望が込められています。

スイスの心理学者ルッシャーは、好む色によって正確に違いがあることを発見しました。また、その時の気分で、選ぶ色が変わるという実験結果も出ています。

例えば、落ち込んだ時は暗めの色、気分が高揚しているときには明るめの色を選びがちです。

このようにそれぞれの色に隠された意味があるのならば、その意味を知ることによって相手が望んでいることを知ったり、自分の意識をそちらに向かわせたりすることも可能です。

それではそれぞれの色の表す意味とその色を選ぶ人の性格の傾向を見ていきましょう。

心で表す色

征服欲、所有欲などの欲望、男らしさを表す色。情熱的で積極性があり、自己主張が強い。野心家で、欲しいものを積極的に手に入れようとするタイプ。仕事にも意欲的に取り組むが、興奮すると攻撃的になることもある。

物静かで女性らしさを表す色。また、知的でクールな印象で、感受性豊か。人に頼らず自立している。そのため、落ち着きがあって誠実、信頼関係を大切にするので周囲にも気配りができる。

明朗さ、活発さを表す色。元気、探究心旺盛、好奇心の塊、人生に対しても野心的。開放的で、大きな夢を追いかけるタイプ。個性的にみられることを望み、無理してしまうこともある。

自負心、堅実さ、優越感さを表す色。理想や平和を愛する反面、現実主義的でもある。穏やかで我慢強く、周囲との調和を心がけるが、必要な場面では冷静に自分を主張できる。

感覚的、神秘的、エロティックなものを表す色。高貴さとエロチックで謎めいた面も。ロマンチストで感受性が強く、繊細で個性的、ナルシスト。

家族、家庭、安全性を表す色。協調性があり、安心感もあって心は安定している。温厚で、人付き合いが上手なので、相談役としてつとめることも多い。

グレー

静けさや上品さ、寂しさを表す色。自己中心的で他人に興味がない傾向もあり、優柔不断で依存的な一面も。

断念、降伏、拒否、放棄などを表す色。孤独を好み、自分の意見を大切にして、頑固に貫く。プライドも高い。現状を変えようとする強さを持つが、飽きっぽい一面もある。

潔癖、無を表す色。生真面目な性格でやや神経質。理想の現実にこだわるタイプ。

ピンク

愛情深くて、面倒を見ることが好き。傷つきやすい面もあり。

オレンジ

社交性があって、人気者。陽気な面と嫉妬深い面も持ち合わせている。

 

以上が色によって表す意味と性格でした。

選ぶ色によってかなり印象や性格って変わりますよね。

自分は赤が好きですが、確かに少し当たってます。笑

あなたはいかがでしたでしょうか?

ファッションは願望を表す

色に関連してファッションについての心理学も1つ。

色使いが派手なファッションをしている人をみてあなたはどう思いますか?

恐らく明るくて元気なイメージを持つと思います。

しかし、実際はそうとも限らないのです。

心理学ではその人が好むファッションはその人の願望だと考えられています。

色使いが派手なファッションをしている人は心の中で自分は地味だと思っていてその地味さをカバーしたいのです。

実はクラスやコミュニティでも人気集団に入り、リーダグループになりたいのですが、性格的にはそんなに明るくてリーダーシップも持っていないのでファッションでその理想を実現しているのです。

シックなファッションをしている人は、シックで落ち着きのある人だと思われたい、ブランド物をたくさん身に着けている人は自分が価値のある人間だと思われたいという傾向があります。

なぜなら、自分が落ち着きのない人間で、価値がない人間だと自覚しているからです。

初老の女性が派手なものを身に着けたり、髪の毛を急に染めて見たりするのも年々年老いていくことへの寂しさからくる行動で、まだまだ若い自分でいたいと自分を盛り上げています。

女性の化粧なんかはどうでしょうか?

ある調査によると、化粧をした後の方が、人と距離を縮めて話す傾向があるそうです。

もちろん、本人に確認したところそんな意識は一切なかったみたいです。

心の奥底では、化粧をしていないとちょっぴり自信がなくて見られたくない、、、とか化粧をしてて今は自信があるから距離を縮めて話せる、、、とか思っているのかもしれませんね。

ファッションも化粧もそうですが、人間は無意識のうちに何かメッセージを送っていたり、それをキャッチしています。

好きな色で相手の性格が分かる心理学まとめ

色とファッションが持つ心理学を話してきましたが、いろいろなところから人の気持ちや考えていることを読み取れますよね。

特に色が持つ意味なんかはすぐ応用できます。

全部覚えておく必要はないですが、青や赤、黄色、緑、紫など基本的な色は覚えておくと損はしないでしょう。

また、合コンやデートなどにも話のネタとして役に立つかもしれません。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください